• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > 血統書の名義変更

血統書にあなたの付けた子犬の名前を!

通常、人間の赤ちゃんが生まれたら出生届けを出すのと同様に、
犬の場合も、そのブリーダーが会員となっている
JKC(ジャパンケネルクラブ)等の団体へ血統書の登録を申請します。
その後、JKCより血統書が送られてきます。

ブリーダーが犬の血統証明登録を行うのは生後約20日~約50日頃に行います。
実は、登録申請の際、子犬には既に仮の名前が付けられて登録されるのです。

仮にブリーダーが、子犬の名前を「オバマ」と申請したら
血統書上の名義では、所有者の欄には「ブリーダーの名前」で子犬の名前欄には「オバマ」で登録されます。
この血統書が、あなたの元に届きます。
これが一般的な血統証明書なのです。

血統書にあなたの付けた子犬の名前を!
血統書の見方について

ご存知ですか?

名義変更を行わないままですと、血統書表記上では、あなたの正式な所有犬ではありません。
血統書を持っていても名義変更手続きをしていない事が殆どだと思います。
ペットとして飼育する場合は、これらで何の問題もありませんが、
アジリティ等の競技会や展覧会に出陣する場合は認められないことになります。

また、女の子で将来交配して子犬が生まれた場合でも、生まれた子犬は前の所有者(ブリーダー)の
ものと言うことになってしまいますし、子犬の登録も出来なくなる場合も生じます。
仮に、ショーやアジリティーの競技会に入賞した場合や、訓練資格試験に合格しても
それは前の所有者の犬として認められてしまいます。

名義変更のすすめ

名義変更の手続きを済まされますと所有欄にあなたのお名前が。
そして子犬の名前も、あなたの命名した「正式な名前」で記載され、印字された証明書が届きます。
ドッグショーや各種競技会などの参加をお考えの方は
ご愛犬を正式なご家族の一員とするために
名義変更の手続きを早めにお済ませになる事をお奨めします。

ブリーダー直販・子犬販売の『WANS-LABO/ワンズラボ』
TEL : 090-8770-8226
mail: info@wans-labo.com
まずはメールにてお問い合わせ下さい。

メインメニュー