• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > ミニチュアダックスフンドについて

ミニチュアダックスフンドについて

ミニチュアダックスフンド子犬販売情報
(現在販売中の子犬情報)
ミニチュアダックスフンドについて (病気など)
ミニチュアダックスフンドの毛色 ◆ミニチュアダックスフンド販売データ
(販売済み過去データ)
ミニチュアダックスフンドの育て方

ミニチュアダックスフンドについての
特徴、飼い方、気をつけたい病気などについて説明いたします。

●成犬時の体長:約15センチ
●成犬時の体重:約4.8キロ前後

フレンチブルドッグ販売情報

◆歴史

ミニチュアダックスフンドはドイツやオーストリアのピンシャーとスイスのジュラ・ハウンドの交雑にり、
現在のダックスフンド(スムースヘアー)の元となった犬が作られたといわれています。
その後シュナウザーや他のテリアとの交配で、ワイアーヘアーが誕生しました。
ロングヘアーはスパニエルとの交配により、作り出されたといわれていますが、詳細は不明。
ダックスはドイツ語でアナグマを意味し、もともとアナグマの狩猟犬として誕生しました。
スタンダードからミニチュアダックスへの改良は、
ウサギやオコジョ等小型の動物の狩猟犬を目的としてなされました。
さまざまな狩猟の環境に適応するよう、いろいろな毛質のものが作りだされました。
こうした種が家庭犬としても人気を得て、ペットとして好んで飼育されています。

◆特徴

ミニチュアダックスフンドは短足、胴長で愛嬌ある特徴的な外見は万人に知られている存在といえます。
大きさはスタンダードダックスやミニチュアダックスのほか、
現在では体重2.3kg以下、胸囲30cm以下とさらに小型のカニンヘンダックスも登場し、
ダックスフンドとして扱われる種類は3種です。
毛質のタイプとして3種類があげられ、短く光沢のある短毛のスムースヘアー、
ざらざらとしたかたい剛毛をもったワイアーヘアー、
光沢がありウェーブがかったやわらかい毛質をもった長毛のロングヘアーがあります。
毛色は一般的に知られているのは赤、ブラックタン、チョコレートタン、タップルなどがあります。

◆性格

ミニチュアダックスフンドは狩猟犬らしく機敏で活発、また愛情も深くとても魅力的な犬種です。
短足と胴長の体つきはユーモラスな雰囲気で、チョコチョコ歩く姿が可愛らしいですね。
番犬としても有能で、知らない人が訪ねてくると、鳴いて教えてくれます。
ミニチュアダックスフンドは、本来の目的だった狩猟犬というよりもペットとしての人気が高くなっています。
従順で明朗、家族にもよくなつき番犬として適しているため、とても人気の高い犬です。

◆飼い方

ミニチュアダックスフンドは、どの被毛のタイプも、まめにブラッシングしてやり、
必要に応じてシャンプーを。シャンプー後は必ず完全に乾かし温かく保ってください。
スムースタイプに関してはビロードの布やセーム革などで被毛をこすってやるとツヤが出ます。
伸びた毛のカットを基本に考えれば、それほど難しいものではないのでチャレンジしてみてください。

◆健康上の注意

ミニチュアダックスフンドは活動的で驚くほどスタミナをもっています。
日光浴をさせる意味でも、1日1、2回は屋外へ出し運動させてやるといいでしょう。
筋肉をつける運動と骨を守る背筋をつけ、椎間板ヘルニアの予防に引き運動を合わせて行うとよい。
成犬期の食事で気をつけなければならないのが、肥満です。
肥満気味のミニチュアダックスフンドを最近はよく見かけますのでご注意を。
肥満により湿疹が出やすくなり、心臓に負担もかかりやすく、疲れやすくなります。
椎間板ヘルニアを引き起こす原因にもなるので、注意しましょう。
また、糖尿病や心臓病という老犬共通の症状を現すこともあります。

◆気をつけたい病気

ミニチュアダックスフンドのかかりやすい病気
ミニチュアダックスフンドは胴長短足なので足腰に負担がかかりやすく、
肥満や激しい運動が原因で椎間板ヘルニア前十字靭帯断裂などを起こす傾向があります。

椎間板ヘルニア・・・椎間板ヘルニアは、さまざまな姿勢や動きを支える椎間板への負担が大きくなったときに、椎間板が損傷して起こる病気です。放っておくと、神経麻痺(マヒ)が起こり半身不随になる恐れがあります。
予防法
椎間板ヘルニアになりやすい犬種では、激しい運動はなるべく控えるようにしましょう。
フローリングの床であればカーペットなどを敷き、段差をあまり昇り降りさせないようにするなど、
なるべく脊椎に負担をかけないようにすることも大切です。
また、食事管理を徹底し、肥満防止に努めることも予防につながります。

前十字靱帯断裂・・・前十字靭帯断裂は、大腿骨(だいたいこつ:太ももの骨)と脛骨(けいこつ:すねの骨)
を結びつけている前十字靭帯が切れてしまう病気です。
発症すると足を痛がり、歩きづらそうに後ろ足を上げたり、引きずったりするなどの症状が現れます。
前十字靭帯断裂は、事故などで急激な圧力が加わることが原因となります。
また、老化による靭帯の脆弱化や、肥満による膝関節にかかる負担によって切れてしまう場合もあります。
予防法
前十字靭帯断裂の予防には、肥満にさせないことが大切です。
日頃から適切な食事管理と運動をこころがけましょう。

ミニチュアダックスフンド子犬販売情報
(現在販売中の子犬情報)
ミニチュアダックスフンドについて (病気など)
◆ミニチュアダックスフンド販売データ
(販売済み過去データ)

犬種別おすすめ子犬 情報ページへ
店長お薦め子犬 情報ページへ
ブリーダー直販・子犬販売の「ワンズラボ」
電話:03-3715-2675

メインメニュー