• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > ミニチュアピンシャーの育て方

ミニチュアピンシャー(ミニピン)の育て方

ミニチュアピンシャー子犬販売情報 店長が教えるミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーの毛色 ミニチュアピンシャーの育て方
ミニチュアピンシャーについて ミニチュアピンシャー販売済みデータ(過去情報)1.2.3.4

ミニチュアピンシャー
現在販売中のミニチュアピンシャー子犬情報はこちら

ミニチュアピンシャーの育て方。
それはこの犬種がどんな犬なのか?どんな性質なのか?
などの基礎的な情報を知る事から始めます。

●ミニチュアピンシャー(ミニピン)の性格

ミニチュアピンシャーは元気で、大胆、警戒心が強いのが特徴です。
自分より大きな相手でもかまわず向かっていきます。
主人にはとても忠実ですが、知らない人には警戒態勢をとります。
そのため、しつけに失敗すると無駄吠えが多くなる犬になってしまします。
ですが、愛玩犬種で初めて訓練資格を取ったのも
この犬種、ミニチュアピンシャー。頭はかなり良いです。
しつけがきちんとできれば、番犬として、とても有能です。

●ミニピンを飼う上で気をつける事(行動編)

体の線が細い割に頑丈な部類の犬ですが、
骨や関節の異常には気をつけたい項目です。
ミニピンの行動のひとつとして、頻繁にジャンプをします。
滑りやすいフローリングの床や、階段などは気をつけましょう。
もし脱臼になって悪化すると治療できなくなり、歩行困難になります。
間接炎を起こし、それが進行すると大腿骨を除去する手術を行う場合もあります。
遺伝性の病気もありますが、子犬の時からの
生活環境や習慣で、病気を防ぐしつけを行うことが重要だと思います。
少しでも異常を感じたら獣医さんに相談しましょう。

病気の早期発見につながります。
またミニチュアピンシャーは短毛犬種なので、寒さに弱いので
温度調整には気を使ってあげてください。

(当店の看板犬グリの場合)
元気で、大胆、警戒心が強く、頭が良いところまでは同じです。
普段の性格は借りてきた猫のように大人しく、まず吠えません。
インターホンや、玄関ドアの開いた音がすると吠えます。
(一応、番犬です)
ドッグランに行くと世界最小犬のチワワに降参ポーズをします。
(情けない・・・)
大きい犬に向かって行く事は、今までほんの数回しか見たことないです。

ミニピンの場合、食に対する意識が強い性格が多くみられます。
特にグリは常に食べ物を探している様にすら感じます。(恥)
気をつけたい事は、犬の手が届く範囲に物を置かないようにする事です。

ですが、その食に対する執着心の強い性格を
逆手にとって「しつけ」に利用しています。
食べ物を前にした時の集中力はもの凄くです。コマンドはすぐに覚えます。
トイレ、お座り、マテ、伏せ、ダメ、等は本当にすぐに覚えました。

大好きな「靴下」

大好きな「靴下」と戯れ中。 夢中になると悪い顔になります


ミニチュアピンシャーは、とてもエネルギッシュな活動的な犬です。

言葉の意味を考えてみると
散歩に連れて行ってあげたり、一緒に遊んでないとダメな犬なのです。
常に動き回って楽しいことを探す!やんちゃな性格ですが、
ちゃんとしつけができれば素晴らしいパートナーになりますよ。
それを可能にするポテンシャルは十分に備えた犬。
それがミニチュアピンシャーなのです。

ミニチュアピンシャー
現在販売中のミニチュアピンシャー子犬情報はこちら

ミニチュアピンシャー子犬販売情報 店長が教えるミニチュアピンシャー
ミニチュアピンシャーの毛色 ミニチュアピンシャーの育て方
ミニチュアピンシャーについて ミニチュアピンシャー販売済みデータ(過去情報)

このページの先頭へ
ワンズラボTOPページへ
店長のお薦め子犬ページへ
犬種別おすすめ子犬ページへ

お電話・メールでも、お気軽にお問い合わせください。

ブリーダー直販・子犬販売の『WANS-LABO/ワンズラボ』
TEL : 03-3715-2675
mail: info@wans-labo.com

メインメニュー