• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > ブリーダーの種類に注意

ブリーダーのタイプ

ブリーダーさんから直接購入すれば絶対安心という訳では無い!

という事をこのサイトでは繰り返し訴えてきました。
なぜなら、ブリーダーには以下のようなタイプに分散されるからなのです。

自称ブリーダー

●バックヤードブリーダー
位置づけとしては、素人ブリーダーに毛が生えた程度。
犬に対しての愛情はある。
でも、犬の事を第一に考えてはいない場合が多い。
バックヤードブリーダーとは素人考え=
「可愛いから繁殖させた」「その為に繁殖の勉強をした」「遺伝は知っている」
というだけの繁殖の本質を理解していないひとたちです。
結局のところお小遣い欲しさに繁殖をしている人達です。
あくまでもブリーディングは本職ではない為、犬質も悪い事が多い
この手の自称ブリーダーが
子犬の販売サイトと取引をしで商売している事も多く見かけます。
値段は安めである。
よってブリーディングした犬質が悪くてもニーズがある。
後のトラブルで頻繁に登場するのが、この種のブリーダーが多い。

素人ブリーダー

●アマチュアブリーダー
一般素人が飼犬に子犬を産ませたいとの安易な発想から派生。
本人は犬に愛情を持っているかもしれないが、
血統などのブリーデイングの知識も乏しく
ただの犬好きの素人が、お小遣い稼ぎ・副業として繁殖を行っている。
実はこれが非常に危険。
素人繁殖なので子犬の質に問題がある事が非常に多い
しかし、問題なのは低価格で仔犬を譲渡するため市場のニーズがある
最近ネット販売で安く売り出しているのはこの分野からが多い。
その時は良くても、後に子犬のトラブルが多いので
産まれた子犬も購入した飼い主も可哀相な結果になる事が多い。

パピーミル

●パピーミル(子犬繁殖工場)
利益最優先。はっきり言って問題外です。
ブリーディング環境は劣悪。感染症などの怖い病気に非常に掛かりやすい。
特徴として何種類もの犬種を取り扱い、
特にその時期流行の犬種を繁殖している。
人気犬種を購入したいと考えているのであれば尚更注意が必要。
メス犬の健康など考えず、発情のたびに交尾させられ、子犬を産まされる。
遺伝性疾患を持っているかどうかなどは全くお構いなし。
次から次へと繁殖を繰り返す。
人気や犬質が悪ければ驚くほど安い価格で販売したり、
またその逆もあり、人気に便乗して質の悪い子犬を高値で販売する事も。
ネット販売から店頭陳列販売まで広域に渡り、
手当たり次第に販売しているので注意が必要。

パピーミルが普通にネット販売しているのを見ると正直、辛くなります。

優良ブリーダー

●シリアスブリーダー(プロフェッショナル)
実際に評価される個人のブリーダー業者自体は
品質を維持しようとすると、どうしても育成面で良好な環境を整えたり
しつけを行ったり十分な運動や世話をするなどの

必要性からコストが掛かるため、利益は余り上がらない。
子犬の事を第一に考えているので、子犬の質はピカイチ。

親犬や兄弟犬、また人間とのスキンシップも十分に取れた環境で
育っている。
子犬にとって大切な社会化期をしっかり学び過ごしているので
問題犬に育つ可能性も少ない。当然、健康状態も良い。
当店の契約ブリーダーは
シリアス(優良)ブリーダーです。

上記の内容から見ても分かるように、改めて言います。
ブリーダーと呼ばれる人達から子犬を購入すれば良い訳では無いのです。

現在ではインターネットの普及もあり情報が比較的入手し易い社会になっています。
しかし、表面的な部分ばかり見ていると大事な部分を見落とす事になり、後で後悔する事になります。

正直、犬の繁殖知識に関しては優良ブリーダーさんの方があるかもしれません。
しかし、
ブリーダーを見極める目は、様々なブリーダーを見てる私達の目の方が養われていると思います。
目先の金額にとらわれず、トータル的な視野で御判断下さい。


前のページへ戻る
このページ先頭へ戻る
安い価格には訳があるページへ
信頼できるブリーダーページへ
「優良ブリーダー限定」オンラインシステムとはページへ
店長のお薦め子犬ページへ
犬種別おすすめ子犬ページへ

メインメニュー