• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > トイプードルの選び方

トイプードルの選び方

トイプードル子犬販売情報
(現在販売中の子犬情報)
トイプードルについて(飼い方・病気など)
トイプードルの選び方【重要】 トイプードル販売データ(過去情報)

日本国内登録数:第1位の大人気犬種のトイプードルですが、
人気が高いという事は、その人気に便乗して商売している人間も山ほどいる事を理解して下さい。

当店では、犬の品質にこだわりを持っています。
良質の子犬だけを提供しています。

◆サイズについて

プードルのサイズは「スタンダード、ミニチュア、トイ」の3種類でしたが、
2004年4月からさらに1サイズ「ミディアム」追加されて4種類になりました。
(JKC/ジャパンケネルクラブ規定)
ティーカッププードル(体重1.8キロ以下)という言葉を良く聞きますが、
JKCでは正式に認定されておりません。
よって血統書はでません。すべてトイプードルとして扱われています。
タイニーサイズも一緒です。(体重2.7キロ以下)
実はティーカップタイニーという俗称で呼んでいるだけなのです。

人気のティーカップ、タイニーサイズは値段が高くなると共に犬質の悪い子が目立ちます。
人気に便乗し、利益を追求する人間が多くいるという事です。
正しい知識を持ち、愛情を込め、
犬のことを考え一生懸命ブリーディングされているブリーダーも沢山います。
良質の子犬をブリーディングするためには経費がかかります。
当然、値段も高くなる事をご理解ください。
格安、激安価格のトイプードルを見かけますが、
ほぼ良質のトイプードルとは言えない状態だと思います。
購入した人も産まれてきた犬も可哀相です。

◆トイプードルのカラー(毛色)について

トイプードルのカラーは単色(一色)が基本(スタンダード)です。
「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」「ブルー」「グレー」「アプリコット」「クリーム」「レッド」
「シルバー」・・・・とカラーの種類は多いですが、

その中でも「ホワイト」、「ブラック」の2色が基本なのです。※「ブラウン」も含む場合もありますが。
もともとはプードルは白黒だけなので、レッドやアプリコットなども認めない!
とおっしゃるトイプードルのベテランブリーダーさんもいらっしゃいます。
個人的には、ちょっとそれは言いすぎかな?と思いますが・・・。

人気カラーの「レッド、アプリコット」の歴史は浅く、
骨格が悪かったり毛質が悪い場合が多いのが現状です。

色素自体がまだ確立されておらず、
血統書はレッドでもアプリコットのような色になっている場合もあるようです。
犬質の良い場合は成長しても、色があまり退色せず毛量も豊富だったりしますが、
ほとんどの場合は、血統書がレッドであっても将来的には薄くなるという事を理解しておいてください。
「レッド」以外でも濃いカラーの犬は将来的に色が抜けて薄くなる場合が多いです。
また、人気カラーの「レッド、アプリコット」は特に、利益優先のブリーダーが非常に多くいるので、
他のカラーよりも、犬質が悪い場合が多く、本当に特に注意が必要です。

当店で販売しているブリーダーさんの子犬は
上記のような子犬は取り扱っておりません。
安心して、健康で良質のトイプードルをお選びください。
もちろん適正価格で販売しています。

◆トイプードルの性格について

トイプードルは”もっともしつけやすい犬種”といわれるほど、利口で賢い犬です。
プードル自体の大きさの違いによる性格の差はないといわれており、ひときわ高い学習能力が特徴です。
また、トイプードルはカラーによって性格が異なると言われていますが、
あくまでも参考程度とお考え下さい。
同じカラーでも個体によって性格が異なるほうのが普通なのですから。
一般的には、「ホワイト」「ブラック」は比較的大人しめの性格と言われています。
「アプリコット」「レッド」は活発な性格が多いと言われています。

トイプードル販売情報
トイプードル子犬販売情報ページへ
店長のお薦め子犬ページへ
犬種別おすすめ子犬ぺージへ
ワンズラボTOPページへ

メインメニュー