• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > 今日からあなたの家族 (子犬のお届け方法)

◆子犬のお届け方法

〈空輸と陸送に関して〉

ワンちゃんの始めての旅行は、負担が掛からない方法をブリーダーと相談して決定します。

● この決定に当たっては狭い籠に入れられている時間どっちが短いか、
距離は、温度はなどから決定します。

● 空輸の場合、飛行機の飛んでいる時間が日本全国ほとんど1時間程度ですね。
時間的には陸送に比べて負担が少なく済むはずです。

● 一方陸送は、コスト的に安価で全国対応している運送会社が
「西濃運輸」と「福山通運」に限られます。
両社からブリーダーが利用している運送会社を選択し、
お客様のご住所に近い運送会社の営業所留めとなります。
この両社は夕方の集荷(営業所により19時頃までの所もあり)をして、
距離や交通事情によっても異なりますが真夜中から明け方に到着するのが一般的です。
到着したら連絡をもらうよう事前に依頼(伝票No.を伝えておく)した方が良いでしょう。
いずれにしても飛行機に比べ長い時間が掛かりますね。
しかし、ブリーダーからの近場の移動はやむを得ません。

● 飛行機の貨物室は、客室と同じく20度~25度に維持されています。
人間と同じで、快適な旅となるでしょう。
一方陸送の場合は、夏場の暑い時や冬場の寒い時は色々配慮して送犬するよう
ブリーダーに依頼しておかねばなりません。
例えばホッカイロやドライアイスを利用し、温度調節の工夫などです。

● 空輸の場合で直行便が飛んでない時は、乗り継ぎ便を利用することもあります。
乗り継ぎ時間は2時間以上を空けないとなりません。
総時間を陸送と比較して決定します。尚、この場合でも、運送費は変わりません。

● 最後に運送費ですが、空輸、陸送とも日本全国おおよそ5,000円~10,000円前後です。
(お届けの場所や子犬のサイズによってバラつきがありますので下記の情報をご参考下さい)

【ご参考】
・西濃運輸のホームページはこちらから  http://www.seino.co.jp/seino/
・福山通運のホームページはこちらから  http://www.fukutsu.co.jp/
・JALのホームページで時間を調べるはこちらから  http://www.jal.co.jp/5971/
・ANAのホームページで時間を調べるはこちらから  http://www.ana.co.jp/asw/

◆嬉しいけど、まず落ち着いて!!

〈ワンちゃん受取り時に、次をチェックしよう〉

さあ、ワンちゃんと始めての出逢いです。あまりの可愛さに興奮気味な事でしょう。
でも、ちょっと待って。
大切な家族になる訳ですから、始めに確認すべき点はチェックしましょう。
この10項目は誰にでもチェックできますよ

子犬受取りチェックシートのページへ

★ 犬種により別途チェック項目もありますが、
専門的な事であり当店で事前にブリーダーと確認済です。
[例:チワワ———-泉門(脳天)の開き具合]

◆ 受取りに当たっては、特に持って行く物はございません。
籠の中が汚れている場合は新聞紙の交換を。
お水は自販機のポカリスエットやアクエリアスを買って、キャップに注いで飲まして下さい。
疲れている時は仔犬の血糖値が下がっていますから、多少甘さがあった方が良いのです。
※ミネラルウォーター(硬水)はあげないで下さい。尿結石になりやすいです。軟水はOK!

◆ 籠にワクチン証明書や血統書が貼り付けている場合、大切に保管してください。

我が家に到着。最初が肝心!!

〈わが家に到着〉

今日から
3日間程は新しい環境に慣れるまで我慢比べ

と思ってください。
何でも最初が肝心ですよ。

ゆっくり休ませてね

ゆっくり休ませてね



1. 可愛いワンちゃんですから抱っこしたいことでしょう。
食事の前後などに30分程度の時間を決めて相手をしてあげてください。
とにかく疲れとストレスが溜まっていますから、
3日間ほどはゆっくり休ませて上げることが肝要です。

2. 室温にご注意を。特別に難しく考える必要はありません。
犬も人と同じです。寒い時は犬も寒い、暑い時は犬も暑いのです。
この心配りを忘れないでください。

3. ケージやサークルから出して欲しくて騒いでも決して出してはダメです。
ここで負けて出してしまうと、騒いだら出してもらえると学習してしまいます。

4. 健康のバロメーターは糞です大型犬は多少軟便ですが
健康な子犬は通常、コロコロしている状態です。
しばしば子犬は母犬の便を舐めて、おなかに回虫がいる場合もあります。
従って普通はブリーダー段階で駆虫薬を入れていますが、それでも出ない場合があり得ます。
その虫が環境変化で動き出し、下痢の症状を見せる場合があるのです。
ティッシュで掴めないような下痢はすぐに獣医に連れて行ってください。
食欲はあるけど下痢が続いているとその内に食欲もなくなり、
低血糖を引き起こし死に至る場合もあります。
早期発見なら、何ら慌てる必要はありません。
獣医のくれた駆虫薬をフードに混ぜて与えればすぐに解消します。

5. 同様に耳を掻く状態の時は、耳ダニがいる可能性もあります。
その場合も、獣医から診察していただきダニの駆除薬を付けてあげればすぐに解消します。
回虫や耳ダニはブリーダー段階でかなり配慮し清潔度の維持に努めているはずですが、
どんなに気を遣っても完全には駆除できない性格のものです。

6. 3日間ほどの夜泣きは当たり前です。
泣いても決して負けて、ケージから出さないでください。
本能的に親犬や兄弟との生活を思い出し、寂しがっているのです。
これからはあなたが家族であり親ですよ。

7.フードの与え方
フードは、現在食べているフードをブリーダーから聞いてお伝えします。

ブリーダー直販・子犬販売の『WANS-LABO/ワンズラボ』

このページの先頭
子犬を迎える前に用意!(グッズ編)
子犬受取りチェックシート
飼い主の心得
夏と冬に注意!(環境編)

ワンズラボTOPページへ

メインメニュー