• TOP
  • お薦め子犬
  • 子犬検索
  • お探しサービス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
TOP > 主要犬種解説一覧

主要犬種解説一覧

トイプードル

ドイツからフランスに渡ったスタンダード・プードルが原型犬で トイ・プードルはその小型犬。フランスの国犬ともいわれる。
優雅な容姿で気品に富み、体高と体長の等しい方形な体構で均整がとれている。 トリミングによりプードル独特の高貴さと威厳を高めている。
毛色は一色毛である事が原則。
(色:プラック・ホワイト・シルバーグレー・ブルー・アプリコット・オレンジ)

トイプードル

トイプードル

チワワ

19世紀の半ばにメ キシコのチワワ市で発見された。犬種名はチワワ市からとったものとされる。 大きい目と耳が特徴的。チワワは被毛のタイプの違いによって、スムース・コートと ロング・コート・チワワと多種類に分けられる。 体は小さいものの、性格は勇敢で大胆。大型犬に向かって吠え、威嚇することがある。 世界最小犬。

チワワ

チワワ

ダックスフンド 体長が体高の2倍もあり全犬種の中で最も短足、 胴長の犬として知られている。 中世には現在のドイツ周辺で「テッケル」と呼ばれる短足の犬が飼育されていたとの記録がある。 犬名が示す様に穴熊(Da-chs)や小獣狩りを得意とする犬で必要性から短足に固定された。 被毛の種類はスムース、ワイヤー、ロングと3種あり、 大きさはダックスフンド・スタンダードとダックスフンド・ミニュチアに分けられる。

ダックスフンド

ダックスフンド

マルチーズ

マルチーズは非常に古い犬種で犬の貴族と言われ、
ヨーロッパ各地に渡り婦人の抱き犬として人気を博した。
犬種名のマルチーズはマルタ島からとったものとされる。
絹糸状の純白で光沢のある美しい毛は引きずるほど長く優美である。
小さい体にもかかわらず、生気あふれ陽気にふるまう。
毛色は純白が望ましい。淡い耳のレモン色は許される。

マルチーズ

マルチーズ

ヨークシャーテリア 約100年前に各種テリア系の犬とマルチーズなどの混血により作出されたとわれる。 犬種名のヨークシャーテリアはヨークシャー 地方に由来し、ヨーキーの愛称で人気が高い小型犬。 長く真直ぐな被毛が体の両側に垂れた愛玩具用テリア。 他の犬種に比べ、被毛の良否(毛量・毛質・長さ・色調)がきわめて重要視される。 気品を備えコンパクトで堂々とした風格を持つ。

ヨークシャテリア

ヨークシャテリア

シーズー

中国の宮廷に古くから伝わっていたペキニーズとラサ・アプソの混血から生まれたといわれる。犬名は「獅子」の中国語発音からきている。
頭部は長い毛で覆われ、目と鼻をほとんど隠している。
高貴な祖先にふさわしく態度に誇りを持っている。 非常に活動的で陽気、敏捷である。
額の白い星と、尾の先端の白いものは高く評価される。

シーズ

シーズー

パピヨン

パピヨンは、古くからヨーロッパ地方
にいた、小型のスパニエルとして知られていました。
徐々にこの犬に「パピヨン(蝶)」という名にふさわしい変化が現われ始めたとされています。
長毛種・シングルコート(下毛のない被毛)。色は、パーティカラー(2色の被毛)か、
ホワイトに何らかの色の模様があります

パピヨン

パピヨン

ゴールデン・レトリバー ゴールデン・レトリバーは、レトリバー種とスパニエル種の混血が祖先だと言われている。 19世紀初めイングランドとスコットランドでスポーツとして猟が大流行し、 射落とした鳥を回収するために作出された犬種の一つである。 鳥猟犬として特に水中運搬を得意とするが、 家庭犬、盲導犬としても活躍している。 理知的な黒い瞳と美しく長い飾り毛の尾の表情が魅力的である

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー

ラブラドール・レトリバー イギリスや北欧の漁船でカナダ東方のラブラドル半島に渡った犬が祖先と言われている。 後年イギリスに逆輸入され改良された犬種が現在のもの。 近年では、猟犬というよりも盲導犬、麻薬捜査犬として活躍している。 ラブラドール・レトリバーは、性格穏和な卓越した使役犬。 服従心も抜群でシェパード犬に匹敵する訓練性能を有す。

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバー

メインメニュー